人前では体重やウエストのことは言えません

 

大学生のころから20代までは痩せていましたね。

 

体重は50kgにも届かず、ウエストは73cmでした。

 

人前では体重やウエストのことは言えませんでした。

 

まあ食事は結構偏食でしたね。

 

肉もあまり好きではありませんでした。

 

また刺身等の生ものもそれほど好きではありませんでした。

 

魚は焼き魚とか煮魚、てんぷら等は食べていました。

 

肉もハンバーグは食べていました。

 

血の出るようなビーフステーキは苦手でしたね。

 

ゴルフショップに行っても、合うズボンを探すのに苦労しました。

 

またダイエットに関する記述は結構ありましたが、どうしたら太るかというのはほとんどありませんでしたね。

 

お酒方も努力したのですが、ほとんど飲めませんでした。

 

コップ一杯で酔ってしまいます。

 

それ以上飲むと、心臓がパクパクして来て、最後には気持ちが悪くなりました。

 

唯一あっていたのがタバコでしたね。

 

これも太らない原因の一つだと思っています。

 

その後結婚して、カミさんがいろいろな料理を作って、出るようになりました。

 

それで少しは太ってきました。

 

それまでは商店街の近くに住んでいたので、ごはんのおかずはしょいと買ってくればよかったのです。

 

これも一要因でしょう。

 

カミさんも最初は料理はあまり得意ではありませんでした。

 

まあ結構勉強したことでしょう。

 

カミさんも私と似たもの夫婦で生ものは駄目でしたね。

 

その後、会社の仲間と付き合うようになって、少しは食べるようになりました。

 

それで多少は太ってきました。

 

近所でダンベル等も買ってきて、毎日のように鍛錬していましたが、筋肉はほとんど付きませんでした。

 

結婚して10年くらいで、ウエストは79cmくらいになりました。

 

体重は55kgくらいでした。

 

これもカミさんの料理のおかげだと思っています。

 

いまでもそれほど太っている方ではありません。

 

体重も60kgを超えたことはありません。

 

しかし洋服等はLサイズになりました。

 

Mサイズでは腕の長さは合わないのです。

 

しかし食は今でも細い方ですね。

 

これは胃腸があまり丈夫でないのも一要因だと思っています。

 

まあ今後もこのままいくと思っています。

 

 

60代男性の体験談

 

 


関連ページ

細いと何かと不便な事が多い
自分では人並みに食事をしているつもりですが中々太らないので、この痩せている体型がかなりのコンプレックスとなっています。
痩せ過ぎは命に関わると実感しました
痩せ過ぎは命に関わる、このままではいけないと真剣に痩せ体質を改善しようと努力するようになりました。
ちゃんとご飯食べてるの?と聞かれます
痩せていてもあまりいいことはありません。やはり少し肉がついている方が幸せなのかもしれません。
男性の魅力に乏しくなるのが悩み
男性が痩せていることで困るのは、男性としての魅力に乏しくなってしまうことに尽きると思います。
痩せていると妬まれたりして冬になるとより寒く感じてしまいます。
冬の時期になると当然寒くなりますが、痩せている人は太っている人に比べて体に脂肪が付いていなので余計に寒く感じる事が多いです。
理想の体型を手に入れる為の努力は継続と精神から
筋トレを始めてから数週間で、驚きの変化がありました。まずは腕と肩、依然と比べ筋肉が盛り上がり、少しだけ引き締まった状態になったのです。
とにかく人一倍寒い、寒い
もうとにかく冬は寒い。周りの誰もが普通にしているのに、自分だけブルブル震えている。